青春18きっぷで行く宮島旅行記 (11'07'25)その5

「ムーンライトながら」のキャンセルで行方のわからなくなった18きっぷの旅行記。
名古屋に来たのでとりあえず

リニア・鉄道館に行きました。


名称に「・」がある施設ってめずらしいですよね?




あおなみ線の車両 7/29
「ムーンライトながら」のキャンセルですっかり行方のわからなくなった旅行記ですが。あ、もちろん本人はわかってますよ(笑)
とにかく出張で名古屋に来たわけではないのでオフィス街らしい丸の内に居ても仕方がない。名古屋市営地下鉄の桜通線に乗って名古屋駅に向かいましょう。

名古屋駅で18きっぷに日付印を押してもらって…
いえ、きょうは18きっぷはお休みなんです。

ということで、売店で名古屋名物のういろうなんぞを買ってから『あおなみ線』に乗ることにしよう。
ういろうを買う前にうっかりコインロッカーを探そうとしてしまうが諸般の事情によりここで荷物を預けてはいけない。

今日までの行程も暑かったけど今日は一段と暑く感じる中、せっせと重い荷物を担いであおなみ線の改札口へと向かう。
それにしても、ホームドアは鉄写真泣かせだなぁ…
まぁ、安全対策だから仕方がないですけどね。

というわけで写真の右側が白っぽいのは、ガラス越しに撮影したガラスの反射です。 <なんか言い訳してる
リニア・鉄道館の建物 あおなみ線を終点の金城ふ頭駅で降りる。
金城ふ頭駅で降りた目的はリニア・鉄道館
施設の名称に「・」が付いてるって珍しいんじゃないですか?

駅を出ると遮る物が無い広々とした土地が暑い

もっと緑を!  もっと木陰を!

駅から近いこともあるけど周りに何も無いおかげで駅を降りるとすぐに目的地であるリニア・鉄道館の場所はわかる。
入口すぐに並ぶ車両の歴史 距離は遠くないけど暑さと荷物の重さで精神的に遠いリニア・鉄道館に到着。入場券を購入。
いや、その前にまずは重い荷物をコインロッカーに預ける

身軽になったところで入場券(1,000円也)を購入して中に入りましょう。
中に入るとすぐにSL、新幹線、リニアが揃って迎えてくれる。
シミュレータの抽選結果 館内での人気はなんと言ってもシミュレータ。
入場券と一緒にくれる抽選番号を応募箱に入れておくと、応募時間ごとに区切って抽選されて結果がモニタ画面で表示される。

ぽてさらの抽選番号はいつのまにかさらみが抽選箱に入れたらしい。
やってみたい気もするけど子供連れじゃないと恥ずかしいよぉなどど話していたが心配無用。
見事にハズレた。
新幹線シミュレータ シミュレータの中でも一番人気はこの新幹線シミュレータ。実物大の運転席シミュレータの前を大画面のリアルな風景画面が操作にあわせて流れる。
操作は隣にいる係りのお姉さんが教えてくれるからだいじょうぶ。
いや、本当にだいじょうぶかは後ろから見てただけだからわかりませんが w

実際にやっているのはなぜか小さな子供連れが多かった。
膝の上に乗せた子供が途中で泣き出してお母さんのところへ逃げてしてしまい、バツが悪そうに続きを教わるお父さん。同じ状況でもこれ幸いとばかりにニコニコと続きを教わるお父さん。
どっちにしても子供はダシやりたかったのはお父さんだったような気がする(笑)

実は、先の「子供連れじゃないと恥ずかしいよぉ」はこの光景を先に見ていたからなのだ。
新幹線シミュレータの風景画像 この新幹線シミュレータは操作する人以外も大画面の風景画像を楽しめるようになっている。

このリアルな風景画像を柵にかぶりつきで見ていたさらみがしばらくすると後ろに下がってきた。

き…気持ち悪い…
シミュレータの注意書き だから乗り物酔いしますって書いてあるじゃん。

高速になると線路の横棒(枕木のことらしい)が止まってるように見えるのがおもしろかったらしい。

どういう観点だ…

っていうか、そりゃ一点を注視してれば乗り物酔いにもなるでしょ…
鉄道ジオラマの夜 各種シミュレータ以外で人気があったのがこの鉄道ジオラマ。
日本最大らしい。

ところで、最近よく見る○○最大ってどういう意味なんだろう?
 よく調べてないから自信がないの?
 正確に比べたことが無いからわからないの?
 2位だと聞こえが悪いから大括りにして誤魔化してるの?

どうしてもに何かマジックを感じてしまうのは自分だけなんでしょうか?
鉄道ジオラマの昼 さて、の話しはおいといて鉄道ジオラマに戻りましょう。

鉄道ジオラマは抽選ではないので行列に並ぶ根性と時間があれば誰でも見ることができます。
どのぐらいの根性と時間があればよいかはその日の運(混雑)次第でしょう。

ちなみにぽてさらは、時間はあっても根性は無いので入口の外から写真だけ撮りました w
リニア・鉄道館の展示車両1 リニア・鉄道館の展示車両2 リニア・鉄道館の展示車両3 パンタグラフの展示
展示車両の車内1 展示車両の車内2 リニア・鉄道館の展示車両4 リニア・鉄道館の展示車両5
展示車両は懐かしいを越えた実物は見たことが無い古い物からどこかで見覚えがある新幹線やリニアまで様々。
一部は展示車内に入ることもできる。入れなくても窓を外から覘き込むことができる車両もある。

ちなみに、屋外にも少し展示車両があるようだけど見学は猛暑のため自粛
マルス発券機 こちらは「マルス発券機」。
指定券などを発券する「みどりの窓口」にある機械ですね。最近はほとんどがタッチパネル式画面の機械のようですが。

ちなみに自分は、列車名や駅名のゴム印を機械にセットして発券するマルス発券機の記憶があります。そのころのきっぷはたしか縦長でしたね。
だからどうって話しじゃないですけど(^^;
金城ふ頭駅 16時過ぎにリニア・鉄道館を出て金城ふ頭駅に戻ってタクシーに乗ります。
リニア・鉄道館の案内所で聞いたら、電話で呼ぶかタクシー乗り場は駅まで行かないと無いそうで、呼んで来てもらうほどの距離でもないハズなので駅まで戻ってきました。

案内所の親切なお姉さんは、駅にもいないことがあるからとタクシー会社の電話番号も教えてくれましたが、ちょうど1台タクシーが客待ちしていたので乗車。
乗り込んで行先を告げる前に二人で言った言葉は

涼し〜〜〜〜〜〜い♪

しつこいようですけどホント今日はあっっっついんです。
太平洋フェリー名古屋FTに停泊する「いしかり」 タクシーに乗って行った先は太平洋フェリー名古屋フェリーターミナル
金城ふ頭駅から遠くはないと思ってタクシーに乗ったけど、こんなに近いとは思いませんでした。
ワンメーターで着いちゃって、長時間(かもしれない)客待ちしていた運転手さんに申し訳ないぐらい。乗っていた自分達ももうちょっと涼んでいたかったって感じ。

で、フェリーターミナルに来てどうするかって?
これが名古屋駅で荷物をコインロッカーに入れられなかった諸般の事情。ここから「いしかり」に乗船します。
いしかりに乗船しちゃうと名古屋駅は通れないですからね。

乗船手続きを終えて17:30に乗船開始。夏休みに入っているので乗客は多目のようですけど混雑と言うほどではないようです。
まぁ、旅客定員777名の「いしかり」のキャパからすれば3分の1も乗っていないんでしょうけどね。
「いしかり」の一等洋室 「いしかり」に乗船したら今日の部屋である一等洋室へ。

今日は繁忙期間中ということで個室の定員数以下での利用は貸切料金が必要。というわけでぽてさら二名は貸切料金が必要にならない定員数が二名の一等洋室を選択。

貸切料金が不要な通常期間だと選択肢が広がるんですけどね。運賃も安いし。
一等洋室には窓が無いのが気になるけど背に腹は代えられないということで(^^;
太平洋フェリーのビール祭り 「いしかり」の一等洋室に入って一休み。18時になるとレストラン開店のアナウンスがあるのでレストラン「サントリーニ」へ。

写真は船内に掲示してあった『ニュー「いしかり」就航記念 生ビール祭り』の案内。
この祭りにお世話になるのは何回目のことやら。

3回目です(^^;

実は、諸般の事情により旅行記にはしていませんが(旅行記にするほどのネタが無いともいう)6月に2回、このニュー「いしかり」に乗船しているんです。
レストラン「サントリーニ」のメニュー例 レストラン「サントリーニ」での食事はバイキングなので、写真のメニュー例はあくまでもぽてちの選択。

乗船客はやや多目だったようだけどレストランは目立つほどの混雑ではない。いしかりのレストラン「サントリーニ」は間口より奥行きがあるので、奥の席に行くほど人が少なくてゆったりと食事ができる。その分、追加で料理を取りに行くのは遠くて大変だけど(笑)

ゆっくりと料理を選んで食べ始める頃に出航30分前の銅鑼が鳴る。その後、15分前にも銅鑼が鳴って定刻の19時に出航。
今の季節はまだ外が明るいので出航してからゆっくりと外の動く景色が見られる。
深夜のいしかり船内 食事の後は大浴場で昼間の暑さと戦った汗を流す。
大浴場の帰りにさらみが映画を見に行くと言っていたラウンジ「ミコノス」に寄ってみる。
やっぱり今日はお客さんが入ってますね。二人掛けのソファ状の座席は二人分とも空いている席を探すのがちょっと大変なぐらいに埋まっていました。
自分はさらみを探して隣に座って楽をする。もっとも、上映中の薄暗いラウンジの中では空席を探すよりさらみを探すほうが大変だったかもしれないけど最後列の席に居たので。(自分が来ることを予期して最後列の席を取ったらしい)
というこで、前半のわからない映画を鑑賞しながら風呂上りのビール。
映画を見ながらの「プシッ」は外で済ませてきましょうね。いや、上映中に「プシッ」「プシッ」ってやってたお客さんがいたもんでね。

映画が終わったら部屋に戻っておやすみなさい

ZZZzzz…

と、夜中に目が覚めたのでちょっと船内を散歩がてら自販機コーナーへ。
今日は乗船客が多目なわりにパブリックスペースで夜明かししている人が少いですね。

では、部屋に戻ってビールをもう1本

え?散歩は口実で本当の目的は自販機のビールだろって?
そ、そんなことはありませんよ。
だってビールはちゃんと冷蔵庫に入れてありますから。

では、もう一度
おやすみなさい ZZZzzzzzz…



太平洋フェリー『いしかり』のその他の写真は乗物情報写真館
    太平洋フェリー いしかり
でどうぞ。

                               





Copyright 2007-  ぽてさらのお出かけ帳 All rights reserved
写真、コメントは全て管理人が利用した条件の下でのもので全てに共通するとは限りません。


ぽてさらのお出かけ帳
更新履歴
ぽてさら旅行記
乗物情報写真館
宿泊情報写真館
観光情報写真館
つぶやき帳
ぽてさら家の日常
自動相互リンク集
リンク
相互リンク集
掲示板
PROFILE