蔵の街・喜多方(喜多方旅行記) (09'11'22)その2

特に予定のなかった三連休。

紅葉でも見ようかと蔵の街・喜多方へ。

でも、終わってみれば花より団子の一日でした。




大和川酒造店を出て「喜多方蔵の里」へ。
駐車場がほぼ満車状態。
一回りして空を探して駐車。

が、駐車場の混雑に比べて人の気配を感じない

…???
よく見るとほとんどが地元のナンバー。

どうやらほとんどが併設の喜多方プラザで催されている「うた声喫茶」のお客さんのようだ。
駐車場脇にあった今回唯一かもしれないちゃんとした紅葉。

ちなみにここでも綺麗な紅葉が残っていたのはこの1本だけ。
唯一の紅葉を眺めつつ「喜多方蔵の里」の入口へと向かう。
角に立つ赤いものが気になった方へ。

そうです。向かい懐かしい帽子をかぶったポストです。
前置きが長くなりましたがいよいよ「喜多方蔵の里」の中へ。
入場料は400円ナリ。
昔の建物とその中には会津にまつわる歴史上の人物の説明などが展示してある。
人物には会津地方ローカル(と思われる)の人物が含まれているので歴史物はそれなりに興味がある人じゃないとちょっとマニアックかも。
自分が歴史上の人物を知らないだけかもしれませんが(^^;
建物の中にある囲炉裏には薪がくべられていた。

そういえば藁葺屋根を長持ちさせるためには煙で燻す必要があるって聞いたことがあるなぁ…
それでは次に向かいましょう。

ということで昭和レトロミュージアムに向う…
が、時間切れで閉館

昭和レトロミュージアムは1号館から3号館まであって、商店街にある空き店舗を活用して昭和年代の生活雑貨や家電製品等を展示しているのですが冬季期間は15時〜15時半(号館によって違う)に閉館するそうです。
気を取り直して、次に向かったのは喜多方ラーメン
目当ての店があったわけではないので市街地をぐるぐる。
が、美味しそうな店はあっても駐車場がよくわからない。

ということで通り沿いの店に目的を変更。
中途半端な時間(16:30)のわりに客入りの良かった老麺会一平」を見つけて入る。
焼豚にちょっと脂が多かった気もするけどまずまず満足。
食べ終わって出てきたら
スープ切れで終了になってました。

アブナイアブナイ
この時間にスープ切れとは意外と人気店だったようだ。
お腹も膨れたので来るときと同じコースで帰途へ。
途中のSAで停まったのですが…どこだか忘れました(^^;
写真を拡大してみても反射してて読めないし。

ということで、紅葉は二の次で麺二色の一日でした。

               





Copyright 2007-2010 ぽてさらのお出かけ帳 All rights reserved
写真、コメントは全て管理人が利用した条件の下でのもので全てに共通するとは限りません。


ぽてさらのお出かけ帳
更新履歴
ぽてさら旅行記
乗物情報写真館
宿泊情報写真館
観光情報写真館
つぶやき帳
ぽてさら家の日常
自動相互リンク集
リンク
相互リンク集
掲示板
PROFILE