水上・湯沢温泉の旅(水上・湯沢旅行記)(09'03'15〜) その4

中途半端に3月中旬の平日に温泉旅行。
旅行記最終章は

魚のアメ横と言われている寺泊

です。




3/18 朝食の後に出発。
越後湯沢からさらに北へと向かう。

3月も中旬だけど雪国の山にはまだ冬の面影が残っている。
というかきのう普通に雪が降ったしね。

山の残雪は綺麗だけど道路脇にある除雪の残雪は綺麗とは言えない。
しばらく進むと道路が北陸色になってくる。

北陸色って勝手に付けた名前なんですけどね。
こっちのほうの道路って特に今の時期は写真のような赤茶色に染まってるんですよね。
多分、道路に噴水上に撒かれる(写真の黒い丸の部分)融雪用の地下水に鉄分が多くてこういう色に染まるのでは…って勝手に思ってますけどね。
2時間半ほどで新潟県寺泊の「魚のアメ横」に到着。
駐車場の裏に公園があって、その向こうは日本海
朝食で満腹になった腹は昼食にはまだ早いので、散歩がてら日本海を見ようと公園をぬけると...
日本海は遠かった

横着物ははるか彼方に輝く日本海を見て満足したことにする。

なんか工事をしてるみたいで入ると怒られそうだったし。(左側で煙を吐いてるのが工事の重機)
と、言い訳してみる。
立ち並ぶ海鮮類を売る店の前をぶらぶらと歩く。
普段丸のままのカニや魚など買わないので値段が高いのか安いのかはよくわからない。
質の割には安いんでしょうけど、立ち並ぶ店の中に土産店があるあたりからするとある程度観光地料金になってるんでしょうね。
そして入ったのがここの2階にある汐の華
何も考えずに窓際で空いていた席に座ったら店員さん達の待機場所の前だった。
あまりにも写真が撮りづらかったので写真はなし。
ちなみに鮭の親子定食三色丼を注文したら珍しいぐらいに見本と同じ物が出てきました。
こんなの注文したっけ?って思うぐらい見本と違う物が出てくるお店もありますからね。
味も美味しくて満足。朝食がまだ残っていた腹がさらに満腹になりました。
腹も満腹以上になったので引き返すことにします。

ここは途中で立ち寄った「道の駅ちぢみの里おぢや
一見地味な道の駅の様ですが子供が遊べる公園もあったりします。
そして、残雪。
「道の駅・ちぢみの里おぢや」を出て再び越後湯沢駅へ。
目的はコレ。

きのう「ぽんしゅ館」に行ったときにここでも売っているのを発見したさらみは、すっかり安心しておととい買ったのを食べてしまい、また買うというのだ。
生キャラメルを買っている間にちょうどいい具合に5時をまわり、ETC通勤割引の時間となったので関越道へ。
行きはてくてく三国峠越え、帰りは関越トンネルで一気に突き抜けます。
そしてトンネルの中で新潟県から群馬県へ。
(写真は県境ではありません(^^;)
上里SAで休憩。
そして本庄児玉ICで関越道を下りる。
通勤割引の制限(100km以内)と下道の繋がりを考えるとここが一番都合がよい。
下道をてくてくと4時間ほどかけて帰宅。
今回の成果(?)はこれ。

荷物を片付けておやすみなさい。

               





Copyright 2007-2010 ぽてさらのお出かけ帳 All rights reserved
写真、コメントは全て管理人が利用した条件の下でのもので全てに共通するとは限りません。


ぽてさらのお出かけ帳
更新履歴
ぽてさら旅行記
乗物情報写真館
宿泊情報写真館
観光情報写真館
つぶやき帳
ぽてさら家の日常
自動相互リンク集
リンク
相互リンク集
掲示板
PROFILE