浅草・酉の市(08'11'29)

きっかけはクリーニング。

浅草酉の市の

人混みと下町散歩。




11/29
休日にしてはめずらしく10時前に起きる。
理由はクリーニングを出すため。
ほら、朝X時までに出すと夕方に出来上がるってやつね。
無事に受付時間に間に合い、さて帰ろう。
いや、わざわざ早起きしてこのまま帰るのもナニだな。

というわけで、前日に通勤電車の中吊広告で見かけた浅草の酉の市に行ってみることに。
立地的に現地まで車で行くと駐車場探しに難儀しそうなので近くまで車で行って最後のツメだけ何かの公共交通機関を利用することにしよう。

どうせ乗るならということで都電で三ノ輪橋駅に行く方法を選択。昔ながらのちんちん電車ね。
小さな1両の電車は住宅街や商店街の中をゴトゴトと走り、昔のように紐で引っ張るわけではないけれど「ちんちん」という鐘の音も残っていた。10分弱ほどだけどちんちん電車を堪能。
が、写真を撮り忘れたよ。 ○| ̄|_
三ノ輪橋駅から人波にそっててくてく歩く。
歩道に露店も並び始め徐々にお祭り気分が盛り上がってくる。
人混みの数も徐々に増え、周りの雰囲気からももうじき目的地だろう。
と思っていたら人混みが止まった。
        
人の大渋滞。ノロノロではなく完全に止まっている。
30秒に半歩進むぐらいの状態である。

一歩ずつ着実にゆっくりゆっくり進んでやっと入口が見えてくる。
身動きがとれないので今いる場所で写真を撮るのが精一杯。
入口を入っても賽銭箱まではまだ遠い。
                 
参道の両側には熊手屋がぎっしりと並び、大物がうれると威勢良く手締めをしている。
そんな光景を眺めながらなんとか賽銭箱の前までたどりつき参拝。

参拝が済んだ後は人波に押し出されるように列の外に。
立ち並ぶ熊手屋の中の一軒を覗いてみた。
威勢のいいお兄さんとアレやコレやとやりとりをして、小さな熊手にサービスでいろいろ飾りを差してもらって一つ購入。
小さな熊手だったのに「特別に一本だけ締めときましょう」と手締めをしてくれたお兄さん、ありがとう。
熊手を買ったあとは日の暮れてきた道を三ノ輪橋駅に向かって戻る。
かなり暗くなってきているが人波は大きく減った感じはしない。
中吊広告に『0時から24時まで』と書いてあった通り夜中まで賑わうのだろう。

三ノ輪橋駅から再びちんちん電車に乗って車を停めた駅まで戻る。
そして再び写真を撮り忘れる。 ○| ̄|_






Copyright 2007-2010 ぽてさらのお出かけ帳 All rights reserved
写真、コメントは全て管理人が利用した条件の下でのもので全てに共通するとは限りません。


ぽてさらのお出かけ帳
更新履歴
ぽてさら旅行記
乗物情報写真館
宿泊情報写真館
観光情報写真館
つぶやき帳
ぽてさら家の日常
自動相互リンク集
リンク
相互リンク集
掲示板
PROFILE