サンタヒルズでキャンプ(那須旅行記)(07'09'15〜) その2

栃木県那須の

ACNサンタヒルズオートキャンプ場にキャンプに行ってきました。


たまには自然の中で寝起きするのもいいですね。




8:00
起床。
いや、もうちょっと寝ていたかったんですけどね。
たまたま当たった区画が管理棟の近くだったんで人通りが多くて賑やかだったんですよ。
ま、山の朝は気持ちがいいので良いことにしましょう。

ちなみにココ『ACNサンタヒルズキャンプ場』は、チェックアウトが12時なので朝はのんびりできます。
9:30
のんびりと朝ごはん。

え?キャンプの基本は炭焼きと鉄板だろうって? そうなんですけどね...わかってはいるんですけどね。
朝炭をおこすと片付けるまでに火が落ちないから後始末が大変なんですよ。
というわけで、カセットコンロとフライパンを持参してしまいました。
11:30
片付けも終わり出発。
まずは『もとゆ温泉(喜連川町第1温泉浴場)』に向かいます。
昨日行けなかった『喜連川町第2温泉浴場』にも行きたかったんですけど、今度行けないと意地になって夜まで探しそうなので回避しました。

いつもならチェックアウト時間ぎりぎりまで居るんですけど昨日汗をかいたので早く温泉に入りたかったのでちょっと早めに出発です。
早めといっても30分ですけどね。
温泉目指して表通りを曲がるとなんとなく趣のある道に入りました。
ん???
何かおかしい...
鯉だ!!
上の写真で右側の用水路のような中に普通に鯉がいっぱいいるんです。それもかなり大きいのが。
この用水路(?)100mほど続いてるんですが、ずーっと鯉がいます。
用水路の所々に鉄策があるんですが鯉が偏らないようにしているのか、自分の家の鯉が他所の家に行かないようにしているのか。
後で調べたところ『御用堀』というそうで、1842年に開削した用水路だそうです。
平成11年に一部が修復され、鯉はそのときに放流されたそうです。
(『さくら市旧喜連川町の紹介』)
12:15
もとゆ温泉(喜連川町第1温泉浴場)』到着。
きのうの汗を流してさっぱり。(入浴料300円)

もっとも今日の最高気温33度(ウチの車調べ)とこの後の労働でまた汗だくになりましたけど...
13:45
次の目的地『尚仁沢はーとらんど』に到着。
建物の裏手は広々とした公園になっています。
ここに来た目的はこちら。
ここには『環境省選定名水百選』の中の一つ『尚仁沢湧水』があります。
というわけで早速水汲みに。
このために23gタンク4個と台車を持参してきましたから。
20分ほど順番を待って5分ほどで水汲み完了。
水汲み場の下が池のようになっていて10cmほど水が溜まってるんですけど、サンダルでその中に入って水を汲んだら冷たくて気持ちが良かったです。
寒い時期だとしっかり長靴か何かで防御しないと冷たさが痛いぐらいでしょうね。
きょうの予定はこれで終了。あとは帰るだけです。
帰る前にちょっと実験をしてみました。
ナビの「推奨ルート」で検索するとコレ。
「距離優先」で検索するとコレ。
走行距離約1.4倍で高速代4,300円使って1時間20分短縮するのって、やっぱり『推奨ルート』なんですかね?
まぁ、いつも目的地を見失わないためにセットしているだけでぜんぜん言うこと聞いてないんでいいんですけどね。

ということで14:40出発。
16:30。
道の駅にのみや』で休憩。
地名も二宮ですけど、二宮金次郎さんも関係あるようですね。
(もともと地名の二宮が二宮金次郎と関係あるのかな?)
18:40
自宅到着。
「距離優先」と「推奨ルート」のちょうど真ん中ぐらいで到着。
その後、汲んだ水とキャンプ道具を、車から家の玄関まで台車を使って3往復運んで、ただいまー。

水が美味しかったので、水汲みと温泉で日帰りでまた行くのもいいかもかな。


『ACNサンタヒルズキャンプ場』のその他の写真は宿泊情報写真館
    ACNサンタヒルズキャンプ場
でどうぞ。

               




Copyright 2007-  ぽてさらのお出かけ帳 All rights reserved
写真、コメントは全て管理人が利用した条件の下でのもので全てに共通するとは限りません。


ぽてさらのお出かけ帳
更新履歴
ぽてさら旅行記
乗物情報写真館
宿泊情報写真館
観光情報写真館
つぶやき帳
ぽてさら家の日常
自動相互リンク集
リンク
相互リンク集
掲示板
PROFILE