立山黒部アルペンルート

立山連峰を貫き、立山駅(富山県)から扇沢駅(長野県)を結ぶ

立山黒部アルペンルートの観光情報を

口コミ情報的に写真画像で紹介します。
立山黒部アルペンルートは、電源開発工事のための資材運搬ルートと山岳観光や登山客のために建設されたルートで昭和46年に全線開通しました。
また、立山黒部アルペンルートは徒歩(登山)以外で富山県と長野県を直接結ぶ唯一のルートでもあります。




立山駅

標高:475m
立山駅の外観 立山駅入口前の看板とポスト 立山駅の改札口 立山駅前の車両回送業者
立山黒部アルペンルートの富山県側の入口。
ここから先は一般車両通行止めとなるため駅周辺には1,500台の無料駐車場(臨時含む)がある。
扇沢駅へと車を回送してくれる業者もある。(右)
立山ケーブルカー 立山駅の立山ケーブルカー ケーブルカーの線路
中間地点での行違い ケーブルカーのトンネル
所要時間:7分
距離:1.3km

車両の下側(立山側)に貨車を連結して運行している。
この貨車は切り離すこともあるらしい。

美女平駅

標高:977m
写真がありません。
往復とも乗り継ぎが良くて素通りでした (^^;
立山高原バス 立山高原バスの外観 車窓から見る称名滝 車窓から見る山々
弥陀ヶ原ホテルの外観 だんだんと雪深くなる道 車内から見る雪の壁
所要時間:50分
距離:23.0km

普通の大型バス。最近はハイブリット化が進んでいるらしい。
が…この急勾配でモーターの駆動力がどの程度発揮できるんだろう?

途中に「弥陀ヶ原」「天狗平」の停留所がある。
また、沿道の見所である称名滝の滝見台と立山杉では減速、停車して車窓を見せてくれる。

室堂駅

標高:2,450m
室堂の外観 室堂から臨む山々1 室堂から臨む山々2 室堂から臨む山々3
室堂ターミナル内 立山室堂名物の雪の大谷1 立山室堂名物の雪の大谷2 どうやって除雪したんだろう
日本最高所に位置する駅。観光と登山の拠点として賑わう。
付近には観光スポットや散策コースも多いが、訪れたとき駅周辺はまだ雪に埋もれていた
春先の開通時からしばらく(通常は5月下旬まで)は「雪の大谷ウォーク」として高さ10mを越す雪の壁の間を歩くことができます。
立山トンネル
   トロリーバス
トロリーバスの外観 集電器を結ぶロープ 集電器と架線
トロリーバスの運転席 交換所での車両交換 破砕帯を示す青い蛍光灯
所要時間:10分
距離:3.7km

全線が立山トンネル内を走るトロリーバス(無軌条電車)。平成8年に一般のバスからトロリーバス化された。
ちなみに、無軌条電車は日本の法令では鉄道の扱い。
トンネル内は1車両分の幅しかなく、立山山頂直下の交換所ですれ違いを行います。
途中、破砕帯の区間はトンネル内の照明が青色となっている。

大観峰駅

標高:2,316m
大観峰から臨む黒部湖 大観峰から臨む山々 大観峰から見た黒部ダムの展望台 大観峰から見た黒部平駅
屋上にある展望台から後立山や黒部湖などのすばらしい展望が見られる。
右2枚の写真(大観峰駅の展望台から見た黒部ダムの展望台と黒部平駅)はおニューのデジカメの望遠を試したかったおまけ (^^;
立山ロープウェイ 立山ロープウェイの外観 立山ロープウェイのすれ違い ケーブルの見本
ロープウェイから見た大観峰駅 ロープウェイから見る山々 ロープウェイから見る黒部湖
所要時間:7分
距離:1.7km

途中に支柱が1本もないワンスパン方式では日本最長。

黒部平駅

標高:1,828m
黒部平の記念撮影スポット1 黒部平の記念撮影スポット2 黒部平の記念撮影スポット3 黒部平の記念撮影スポット3の2枚目
なぜか記念撮影スポットが多く目に付く。
他では気が付かなかっただけかな?室堂はまだ雪に埋もれてたし (^^;
黒部ケーブルカー 黒部ケーブルカーの外観 黒部ケーブルカーのすれ違い トンネルへの入口
黒部ケーブルカーの計器盤1 黒部ケーブルカーの計器盤2 黒部ケーブルカーのトンネル内
所要時間:5分
距離:0.8km

最大勾配31度。
自然景観保護と雪害防止のため日本で唯一の全線地下を走るケーブルカー。

黒部湖駅

標高:1,455m
もうすぐ黒部湖駅 黒部湖駅に到着 黒部湖駅の駅名版
黒部ダムまではもうすぐ。
トンネル通路の中を涼しい風が吹き抜けていた。

黒部ダム

標高:1,454m
黒部ダムから見た下流側の風景 黒部ダムから見た上流側の風景 黒部ダムの放水路 放水路下の川底
もうすぐ黒部湖駅 黒部ダムの中央指標 黒部ダム展望台と展望台への階段 「黒部の太陽」で知られる破砕帯からの湧水
黒部ダムの観光放水1 黒部ダムの観光放水2 黒部ダムの観光放水3 黒部湖側から見た黒部ダム
アーチ式コンクリートダム
堤頂長:492m(アーチ式では日本一)
堤高:186m(日本一)
黒四ダムとも呼ばれているが正式名は「黒部ダム」。
観光写真でおなじみの観光放水(最下段写真)は6月下旬〜10月中旬頃に行われる。
黒部湖を30分で一周する遊覧船「ガルベ」は6月上旬〜11月上旬頃に運行。
「黒部の太陽」で有名な破砕帯からの湧水が美味しい。(中段右)
(最下段写真(◇))

黒部ダム駅

標高:1,470m
黒部ダム駅 黒部ダム駅
左写真右下のレストハウスの奥(山の中)に黒部ダム駅がある。
黒部ダム展望台(右写真)へは黒部ダム駅からも階段で繋がっている。
関電トロリーバス
黒部ダム駅の関電トロリーバス(前) 黒部ダム駅の関電トロリーバス(後) 扇沢駅の関電トロリーバス(前)
扇沢駅の関電トロリーバス(後) トンネル内のすれ違い グローリア賞プレート
所要時間:16分
距離:6.1km

黒部ダム建設時に資材搬送用として掘削されたトンネル。
映画「黒部の太陽」で有名な破砕帯はこのトンネルの中にあり、青色の照明で示されている。
立山トンネルトロリーバスと同様にトンネルが車両1台分の幅しか無いため途中の交換所ですれ違いを行います。
グローリア賞受賞が鉄道である証(?)
(写真は全て(◇))

扇沢駅

標高:1,433m
扇沢駅 扇沢駅改札口
立山黒部アルペンルートの長野県側の入口。
ここから先は一般車両通行止めとなるため駅周辺には約1,500台の駐車場(有料・無料・臨時含む)がある。
立山駅へと車を回送してくれる業者もある。
(写真は全て(◇))
撮影:2011年6月/2013年8月(◇)







Copyright 2007-  ぽてさらのお出かけ帳 All rights reserved
写真、コメントは全て管理人が利用した条件の下でのもので全てに共通するとは限りません。


ぽてさらのお出かけ帳
更新履歴
ぽてさら旅行記
乗物情報写真館
宿泊情報写真館
観光情報写真館
つぶやき帳
ぽてさら家の日常
自動相互リンク集
リンク
相互リンク集
掲示板
PROFILE